スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸ポートアイランドにて

昨日は、オサム社長のお手伝いで、神戸市のポートアイランドで行われた第7回障害者スポーツ指導者研修会に行ってきました。

syuusei


オサムファクトリーでは、SDF(Safety Driving Festa)という身体障害者の自動車を通した社会参加を支援するイベントを主催しておられ、今回は、その人脈を活かして参加の運びとなったそうです。


同研修会には、車椅子バスケットや車椅子陸上等…様々な競技種目の指導者の方が参加されましたが、モータースポーツがこのような研修会に取り入れられたのは、初めてだそうです。

そもそもモータースポーツの一般的な知名度が決して高くないなかで、これは画期的なことだそうです!


実際に、このような研修会に、派手めな競技車のエボⅩは非常に珍しかったらしく、多くの方に立ち止まって見て頂けました。



ecvo10unten


ちなみに、これが下肢障害(車椅子)の方のための運転補助装置です。
マニュアルミッション(MT)車用の物もありますが、これはオートマ用(厳密には2ペダルMT用)です。


axbrake


上の写真のレバーを前に突けば、リンケージ(棒)を介してペダルが押されてブレーキが掛かります。
逆に後ろに引くと、アクセルが開きます。サイドブレーキターンをするためのスイッチも付いています。


handle



また、このように、ハンドルには回転ノブが付けられていて、片手だけでフルロックまで廻せるようになっています。



今回は、障害者スポーツの指導者の方々にモータースポーツのことを知ってもらうお手伝いが出来たのかなと思っていますが、様々な機会で「モータースポーツというスポーツがある」ということをより多くの方に知ってもらうことの役に少しでも立てればいいなと僕は思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。