FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七大戦(自動車部門)とウチの自動車部

世間一般には、ラリージャパンで盛り上がりつつある昨今ですが、一方では、全国七大学総合体育大会(自動車部門)・いわゆる七帝という大会が開催中でもあります。



七帝とは、戦前の帝国大学のうち、国内に残る七大学の各運動クラブで争われるスポーツイベントです。

毎年、自動車部門は、ジムカーナまたはダートラと計算ラリーで争われます。ただし、今年は変則的にジムカーナとダートラで争われた模様です。



「模様です」という書き方をした通り、もう現役でない私は、今年は全く現場にいっていません。

現場にも行っていないで、この話題を出すのは、大変恐縮ですが、ご容赦下さい。
きちんと応援・競技に行かれた方々は、御苦労様でした。



さて、現地からの速報によりますと、今回の七帝では、我が部はナックル王子が取った1点に終わったようです。


結果は、結果です。悪いと思うところがあるなら直して、また来年頑張って欲しいと思います。

しかもまだ、主要競技の「ゲンコツ(耐久スクワット勝負)」がありますので、そちらの方を頑張って下さい!



しかし、私が今回、大変残念に思ったのは、随分事前に開催日程を告知しておいたのに、レセプション(始まりの宴会)や閉会式(終わりの宴会)の日に他の用事を入れるなど、少し参加しようという意欲(意識)に欠けるように感じざるを得ない部分があった点です。



私個人には、彼らの行為をあまり強く非難する権利はないかも知れません。

というのは、私自身も酒が強くないことを理由に宴会であまりお酒を飲まないなど、今にして思えば、不適切な振る舞いを働いたり、一緒に反省しなければいけない部分も多々あるからです。



しかし、それでも私がこの話題を取り上げるのは、我々学内OB世代の指導に問題があることがこういった事態の原因ではないかと思うからです。



とはいえ、私は、自動車部はやはり、現役が運営すべきもので、全体的な安全面や(スポーツ走行時の)運転技術面でのアドバイス以外では、本来は極力現役が考えて運営して欲しいと思っておます。

しかし、やはり、それだけでは今回のような事態が起こることが証明されてしまいました。やはりもう少し突っ込んだ指導が必要なようです。


問題は、どこまで指導すれば、いいかというところでしょう。


これは、難問だと思いますが…私は、やはり、我が部の活動で一番重要な部分が何か(街乗り安全運転試験で安全運転の腕を磨き、七帝を(往復含め)無事に走りきることではないかと思います)をハッキリ伝えていくことが第一歩のように感じました。


もちろんそのことは、今までもやってきたつもりでしたが、伝え方が随分足りなかったようです。



ただし、個人的には、その内容ですら現役が受け取ってどう解釈するかに委ねざるを得ないものではあると思いますが…OBとしては、最低限そういった内容について、今までより詳しく伝えていく義務があるものかと私は思いました。





以上、大変堅苦しい内容になってしまいましたが、議論するのであれば、より多くの方々の目に触れる形で議論したいと思い、このような内容をここで取り上げさせて頂きました。



現役諸君は、勿論、意見の有る方は所属等問わず、どんどんコメントを頂きたいと思っております。
宜しくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

コメント

No title

建前は飲み会には積極的に参加して
どんどんつながりを作るということかな.

性格的にそれができなかったとしても
最低限参加しなければ
こっちとしては
建前を最初から守る気がなかった
という風にとってしまう.

その場で楽しめということやたくさん飲めというのものは
強制できることではないかもしらんし
御時勢的にそこはほかの体育会の部でもゆるくなってきてるのかもしらんけど
それ以前に自分が行きたくないと思ってるような飲み会に
友人を一人で送り込むと言うのはどうなんでしょうと思います.
せっかく飲み会に行って仲間だけでしゃべるのはよくないけど
それでも仲間がいないと特攻もしにくいと思う.

横のつながりがちゃんとしてないというか
自分さえよければというのをどこかで思っているのが原因じゃないでしょうか.
ガレージもここ数年の荒れ方がひどいと思うのは自分だけでしょうか?

No title

とりあえず、長文ですので一気に読まなくても文句言いません



日々の練習はともかく、部員なら自動車部としてオフィシャルに動く行事は冠婚葬祭や学業や就活をのぞいて優先すべきことだと思う
少なくとも単なる帰省・バイト・めんどいとかその辺を理由にサボるのは理解できん


七帝は体育会に所属している部として参加しているわけだし、毎年大学から補助金もらったり、ガレージやBOXを借りているわけだから最低限参加はする(順位は別にしても)べきでは?
うちの大学のけちくささを考えると体育会の部じゃなくサークルだったらこんな扱いは受けてないだろうし、その程度は体育会所属の1つの部として頑張る義務はあると思うよ

まぁけどだからといって勝ちを狙える車を買えとか、そういう練習ばっかりして林道行くなとか言う気はない。
そこまで行くと少なくないお金と時間も絡んでくるから
ただ、昔本気で勝ちたいと思ってた人間としては、勝ちたいとかいってるのに全然練習しないor車の準備をしないのは見てていい気はしないけどね


七大ラリー(旧八大)や合宿・フェアウェル・新歓も七帝に準じる公式行事なんだからその辺も参加して当然
本人がおもしろいおもしろくないは別問題。そりゃ楽しめればいいけど、部の行事に対して嫌だから行きませんって態度はどうかと
行って嫌な雰囲気出されるくらいならこないでってのはあるけど
参加したところで何週間とかとられる訳じゃないんだし、行くたくなくてもそのくらいの我慢は必要じゃない?


ちょっと話それるけど、阪大が部員難にあえいでないのは、部としてちゃんとリザルトを残しているからだと思うけどね
部員が多い大学は七帝も強いと思う
得点方式が台数少ないと話にならないってや多い方が確率的に速いやつが多く存在するってのはあるけど、うちと阪大で部員数が2000倍以上あるって訳じゃないんだしさ
その辺現状よくないサイクルに入ってるから立て直すのは楽じゃないけど、放置してても改善しないかと


自分のブログにも(かなり強い口調で)書いたけど、部員として権利を得てるんだから最低限の義務はすべき
部費払えば何してもor何もしなくてもOKじゃなくて、行事参加や安全遵守とかも義務に含まれるんじゃないかな?
その中にはお金がかかる(ロールバーやエントリーフィーなど)や本人が楽しくないと思うこともあるけどそこまであっての自動車部だと思うよ

団体なんだから個人個人が独立で動いたら成り立たないんだし、今回のを機にちょっと考えてほしい
みやーたが言ったガレージの荒れっぷりもその問題の一部だと思うよ






といっても、ロールバー問題は俺が発端だしそこまで強く言えない背景もあるんですがね、、、
まぁ年取って(というか長い間部に所属して)上の言ってたことがようやくわかってきたんかもね

No title

言いたい事は分かりますが、僕はこういうブログの書き方には賛成しかねます。

不特定多数が見るブログに載せて後輩を叱る必要はあるんですか?
「後輩の今回の行動は僕達の指導不足にありました。一度部会で話し合います。すみませんでした」
ではダメなんですか?
しかも無理やり後輩に向けて
「どうだ?おれのブログの書込みに文句があるならコメントしろ」的な発言をする意味はあるんですか?
「今回のことは部として問題だから、一度ちゃんと部会で話し合いましょう」ではだめなんですか?

ケンタはそういう意図で書いていないと言うかもしれないけど、
こういう行動は、後輩との距離を広めるだけだと思います。
こういうブログに対して後輩達は「すみませんでした。以降は気をつけます。」と書込む以外に何もできません。
「はい、ケンタさんが書いたとおりです。すみませんでした」と、
公開処刑的に後輩を謝らせたいだけですか?
周りからしたら、そういう風にしか見えません。

そういう、怒っている側以外の誰もが happy にはならない事を、まあブログにしてもいいんだけど、
こうやって一方的にブログに載せて叱ってしまうと、結局腹の割った話が出来ず、何も進展しないと思います。

お互いが顔をつき合わせて、何が問題だったか、どうしていればよかったか、とかちゃんと話し合あわないと今回の問題の真因もつかめないと思うし、
じゃあ今後どうしていくのか、ケンタ達先輩はどう指導して、後輩達はそれに対しどう動いていくのか、といった具体的な対策も話し合えないと思います。
ブログでやってしまうと、後輩達の考え・気持ちを無視して、先輩達の一方的な口撃だけになる恐れがあると思います。


事実、僕らの代もよく某先輩のブログで叱られていました。
で、大輝はそれに対し律儀によく「すみませんでした」と謝ったりもしていたけど、
こちらとしてはそのブログ発言への不満も多かったです。
「何でパンツごときでブレーキが壊れるねん!」と思った事もありました(笑)これは極端だけど。
まあ最終的にはみんな嫌になってそのブログは見なくなりました。
・・・そんな某先輩でも、やっぱり顔を合わせて話すと楽しいし、有意義だし、去年も偶然
文太さん夫妻や京一さんが集まった忘年会にお邪魔できて楽しかったし、
それだけFACE TO FACE は重要だと思います。

とにかく、ブログで叱るという行為は卑怯です。
一方的に叱るのも卑怯です。
なんどもなんども言うけど、相手を理解しようという気持ち、これを持って後輩に接する事が、
アナログだけど一番重要だと思います。

No title

あと、勘違いがあると困るので一応追加を。

ケンタは、「いや、これは後輩を叱っているのではなく、自分達の指導不足を反省しているだけだ」
と反論するかも知れませんが、客観的に見てこの書込みからは、
「ケンタ達の指導不足」ということよりも
「意識の低い後輩達のせいでこういう事態に陥ってしまった」ということの方が
明らかに強く伝わってしまいます。

指導不足を反省するのであれば
「是非現役諸君からのコメントを頂きたい」とはならないはずです。
現役は「その通りです。僕達はバカなんだから、もっとケンタさんが指導すべきだったんです」
みたいなコメントをするわけはなく、やはり結局現役は「すみませんでした」
と謝るしかないんです。
結局つまりこの書き方は後輩達に暗に「お前達あやまれ」と言っている事になります。
ケンタは「そういう意図じゃない」というかもしれないけど、後輩達はそう考えると思います。

そしてまたこの指導、という言葉が抽象的過ぎて分かりません。
じゃあ今回の事態を避けるためには、どういう指導があったと思うんですか?「伝える」とはどういうことですか?
「お前ら絶対出ろよー!!!」と口酸っぱく言い続けることですか?
もし、「具体的にこうこうこういう方法で七帝戦の重要性について話し合っておけばよかった」
みたいな発言になっていたら、先輩として本当に反省しているんだな、とも思いますが、
いまの抽象的な書き方だったら、「指導」の部分よりも、「後輩の非」という部分にどうしても
目が行ってしまうと思います。

書き方が抽象的になるということは、つまり結局その部分の本質を見抜けてないからだと思います。

「下りを修行する」が抽象的と言われるのも、周りから見て
「ケンタ本人が下りが苦手な原因の本質を見抜けていない」ように見えるからです。
指導、をいうのであれば、ブログで指導不足を反省している事をアピールするのではなく、
まずあって話す事の方が全然重要でしょうと、つまりそういうことを言いたかったです。
思いにまかせ書いたので分かりづらくなって申し訳なし。

以上、酔っ払ったおっさんのぼやきでした。

No title

みぁーたへ
「横のつながりがちゃんとしてないというか
自分さえよければというのをどこかで思っているのが原因」という記述には賛同します。

白石さんへ
まさにそんな感じでしょう。私としても耳が痛い限りの話です。

ところで、(部としての好リザルトと部員数の関連について否定するものではありませんが、)部としてのリザルトと部員が多いことってどう関係しているのでしょうかね?やはり入部するときに「七帝X位」っていうのを新入生が気にしてるってことでしょうか?
だとすれば、会社の業績みて就職先決めるみたいな堅実さが感じられて面白いですね。


啓介さんへ
確かに、啓介さんの仰る通りであったと思います。

現役諸君の皆様がもしこのブログを読んで不快感を感じられたなら、申し訳ございませんでした。

しかし、現役諸君とは、私としては仲が悪いつもりはなかったので、議論が進むうちに誰かは突っ込んだ、本音でのコメントをしてくれることを期待しての記述でした。
なにより、現役不在の議論にしたくなかったということもございます。

なお、現役諸君とは、メールで個別に話し合ったほか、もうすぐ話し合いをもつ予定でございます。

しかし、今回の記事は書かれる側の人間の立場を全く無視した不適切な記述であったと反省しております。

書き方が抽象的になってしまっていることについても、その通りだと思います。物事の本質を見抜けるように努力いたします。

No title

下位が連続してると活気ないイメージあるし、逆もしかりだとおもうよ
部の主としての活動が七帝しかないのにそれが下位低迷だとイメージはよくないでしょ

見に来てくれればその辺の誤解は解けるだろうけど、見に来ないで濃青とか見てこの部はいいやっておもっている人は少なくないんじゃないかな?

No title

放置してしまってごめんなさい。


確かに門戸を広げるためには、濃青とかに好リザルトを書けることは、良いことやと思う。
しかし、個人的には、七帝は、優勝じゃないとぱっとしない気がする(七帝で頑張った皆様ごめんなさい)けど、優勝するのって難しいし、費用対効果がいまいちな気がする…どうしたらいいものかな?

個人的には、濃青の部員数を詐称してみたらどうかと思うんやけど(笑)。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。