スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなラリー(走り)には、もうしたくない

新城ラリー2010、無事に完走できました。


無事完走できたのは、ナビのO橋さんや、O川さんをはじめとしたサービス員の皆様のおかげだと思います。ありがとうございました。


特にO橋さんのペースノートリーディングには、言葉ではうまく言えないのですが、独特の安定感があり、安心して走ることが出来ました。その分逆に、私のノート作りの不備が目立って感じられたことも印象的でした。

このような私ですが、また機会があれば、是非宜しくお願い申し上げます。


また、素晴らしい競技運営をして頂いたオフィシャルの皆様方にも、感謝させて頂きたいと思います。



スタートを待つランサー
SINSIRO
飲み会のときに、携帯をBBQで焼いてしまった影響か、やたら写真がぼやけた感じになってしまいます(笑)。メルヘンチックですが、ランサーが幽霊っぽくも見えます。



結果はクラス3位で、内容から考えると惨敗でした。



走りの分析は、また後日したいと思いますが、ペースノート表記と走行ラインを特に改善する必要があると思いました。

※普段から客観性が低い私ですが、今日は主観的な話ばかりになります。




問題は、結果そのものより、SS2・SS4(SS2再走)の滑りやすくリスキーなコースで全く攻めなかったことだと思います。

特に、第2ステージのSS4における走りは酷いの一言に尽きると思います。


20kmもあるSS2の雁峯線にて、M本さんやF川さんに大差をつけられ、第1ステージ終わってF川さんとは1分以上の差、M本さんとは37秒差という状況でした。



なお、ここでシリーズポイントトップのT澤さんはアクシデントにより脱落していました。

つまりここで確実にポイントを稼げば、今後シリーズを有利に進めることが出来る可能性があるということです。



ここで、SSはまだ30kmあまり残っていて、M本さんとは30秒差以上です。


また、SS2においてM本さんは、私やF川さんが追いついてしまった全日本後方ゼッケン車両には追い付いておらず、多少は有利な条件で走ることが出来たと考えることも出来ます。
また気温も上がって、Rコンパウンドを用意した私達にとってより有利になる可能性もありました。

つまり、順位が一つ上のM本さんとのタイム差を縮める可能性は十分あったわけです。


しかし、結局SS4は、相当抑えて走るとこにしてしまいました。



最近、とある方々から「謝るなら、そもそも悪いことなんかするな。それに謝るというのは、自分が悪いことを認め、印象付けるだけで逆効果だ。」というアドバイスを頂いたのですが…以下は懲りない反省になります。


前々回書いたように高山さんから、自分は「本当の努力」をしていないとのアドバイスを受け、「本当の努力」をしようと考えてきました。

しかし、この状況における、「本当の努力」とは、路面状態の悪くともSS4を全開で走りぬけて、たとえ順位が変わらなくとも、少しでもタイム更新を狙うことだったと今では猛烈に後悔しています。




もちろん、私の今年の目標はシリーズ優勝で、オサム社長が私のラリーを評して仰ったように、着実に完走してポイントを取るのもラリーでは必要だと思います。


もっとも、常により速く走ることを私に説かれるオサム社長がこういった発言をされるほど、私のラリー(運転も活動のありかたも)は、覇気のないものになってしまったのか?という驚きも少し感じましたが…。



しかし、走り負けせず、きちんと優勝するということも目標の一つであるともっと強く認識するべきであったと反省しています。


これには、私が「なぜラリーをやっているのか?」ということに関連していると思います。

モータースポーツに限らずタイムを競う競技をしている人なら普通のことかと思いますが、私は「自分が他人より速く走れること」を証明したくてラリーに出ていたつもりです。


決して、毎回毎回、学生の私にとっては安くない参加費を払ってまで、ヌルく走るためではなかった筈です。つまり、自分の可能な限りの技術をもって走り、1秒でもタイムを削ることが目標であった筈です。




私はリザルトを見て、そのような気持ちは、私の今回の走りから少しでも感じ取れるだろうかと自問自答せざるを得なくなりました。


そのなかで、こんな「攻めない」ラリーには二度としたくないと思いました。




次戦は、せめて気持ちだけでも精一杯走って、優勝を目指したいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。