スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなラリー(走り)には、もうしたくない

新城ラリー2010、無事に完走できました。


無事完走できたのは、ナビのO橋さんや、O川さんをはじめとしたサービス員の皆様のおかげだと思います。ありがとうございました。


特にO橋さんのペースノートリーディングには、言葉ではうまく言えないのですが、独特の安定感があり、安心して走ることが出来ました。その分逆に、私のノート作りの不備が目立って感じられたことも印象的でした。

このような私ですが、また機会があれば、是非宜しくお願い申し上げます。


また、素晴らしい競技運営をして頂いたオフィシャルの皆様方にも、感謝させて頂きたいと思います。



スタートを待つランサー
SINSIRO
飲み会のときに、携帯をBBQで焼いてしまった影響か、やたら写真がぼやけた感じになってしまいます(笑)。メルヘンチックですが、ランサーが幽霊っぽくも見えます。



結果はクラス3位で、内容から考えると惨敗でした。



走りの分析は、また後日したいと思いますが、ペースノート表記と走行ラインを特に改善する必要があると思いました。

※普段から客観性が低い私ですが、今日は主観的な話ばかりになります。




問題は、結果そのものより、SS2・SS4(SS2再走)の滑りやすくリスキーなコースで全く攻めなかったことだと思います。

特に、第2ステージのSS4における走りは酷いの一言に尽きると思います。


20kmもあるSS2の雁峯線にて、M本さんやF川さんに大差をつけられ、第1ステージ終わってF川さんとは1分以上の差、M本さんとは37秒差という状況でした。



なお、ここでシリーズポイントトップのT澤さんはアクシデントにより脱落していました。

つまりここで確実にポイントを稼げば、今後シリーズを有利に進めることが出来る可能性があるということです。



ここで、SSはまだ30kmあまり残っていて、M本さんとは30秒差以上です。


また、SS2においてM本さんは、私やF川さんが追いついてしまった全日本後方ゼッケン車両には追い付いておらず、多少は有利な条件で走ることが出来たと考えることも出来ます。
また気温も上がって、Rコンパウンドを用意した私達にとってより有利になる可能性もありました。

つまり、順位が一つ上のM本さんとのタイム差を縮める可能性は十分あったわけです。


しかし、結局SS4は、相当抑えて走るとこにしてしまいました。



最近、とある方々から「謝るなら、そもそも悪いことなんかするな。それに謝るというのは、自分が悪いことを認め、印象付けるだけで逆効果だ。」というアドバイスを頂いたのですが…以下は懲りない反省になります。


前々回書いたように高山さんから、自分は「本当の努力」をしていないとのアドバイスを受け、「本当の努力」をしようと考えてきました。

しかし、この状況における、「本当の努力」とは、路面状態の悪くともSS4を全開で走りぬけて、たとえ順位が変わらなくとも、少しでもタイム更新を狙うことだったと今では猛烈に後悔しています。




もちろん、私の今年の目標はシリーズ優勝で、オサム社長が私のラリーを評して仰ったように、着実に完走してポイントを取るのもラリーでは必要だと思います。


もっとも、常により速く走ることを私に説かれるオサム社長がこういった発言をされるほど、私のラリー(運転も活動のありかたも)は、覇気のないものになってしまったのか?という驚きも少し感じましたが…。



しかし、走り負けせず、きちんと優勝するということも目標の一つであるともっと強く認識するべきであったと反省しています。


これには、私が「なぜラリーをやっているのか?」ということに関連していると思います。

モータースポーツに限らずタイムを競う競技をしている人なら普通のことかと思いますが、私は「自分が他人より速く走れること」を証明したくてラリーに出ていたつもりです。


決して、毎回毎回、学生の私にとっては安くない参加費を払ってまで、ヌルく走るためではなかった筈です。つまり、自分の可能な限りの技術をもって走り、1秒でもタイムを削ることが目標であった筈です。




私はリザルトを見て、そのような気持ちは、私の今回の走りから少しでも感じ取れるだろうかと自問自答せざるを得なくなりました。


そのなかで、こんな「攻めない」ラリーには二度としたくないと思いました。




次戦は、せめて気持ちだけでも精一杯走って、優勝を目指したいと思います。
スポンサーサイト

神大ラリー車載動画

ご無沙汰しておりました。


先週末に行われた神大ラリーですが、SS5(全部でSSは7回)の途中で、リアアッパーアームがボディから外れるというトラブルのため、非常に残念な結果に終わってしまいました。


SS5終了後に異状に気付いたときに、①そのまま全開走行で順位キープを目指すのか?それとも②スローダウンして確実に最下位完走しポイントを取るか?という2つの選択で迷いましたが、私は後者を選びました。


ご迷惑をおかけしたエントラントの皆様・オフィシャルの皆様、まことに申し訳ございませんでした。




これはSS2太田ダム上りのものです。


明日は、今回の反省と次回への対策について書きたいと思います。

次のラリーに向けて、そしてナックル王子誕生

こんばんは。


今日は、KYOTO南丹ラリー2010のまとめとして、次のラリーへの課題をあげたいと思います。


課題は大きく分けて2つあると思います。

1つは、再走ステージのタイムを上げることです。

この傾向は、去年の中盤戦から顕著になってきたのですが、私の場合は、2回使うSSにおいて、1本目のタイムと2本目のタイムが余り変わりません。

むしろ遅くなることのほうが多いと思います。


このことは2回使うSSが圧倒的に多い、近年のラリーでは、明らかに不利と言えるます。


なお、今回はこの現象が、他車のタイムを気にすることであるという仮説を立て、他車のタイムを聞かないという作戦を立てました。

このことは、ある程度は効果があったようですが、それでも再走ステージとなるSS4・5などでのタイム差は大きかったと思います。


このことに対する対策を次のラリーまでに考えたいと思います。


今現在、考え付いている対策は、まず集中力向上です。

啓介さんのナビ経験がある方に伺ったのですが、啓介さんは、1本目で失敗したり攻め足りなかったことろを、2本目では確実に修正できていたそうです。

このようなことを可能にするためには、やはり自分の走りを記憶しておく集中力が必要になると思いました。



更に、1本目で気付いたノートの不備を、これからはナビと協力して積極的に直していくことにしました。

この他にも、色々と対策を立てて再走ステージを頑張ってきたいと思います。




2つめは、、、様々な要素が組み合わさって、一言で表すのが難しいのですが、簡単に表せば全コーナーで、最大Gを立ち上げながら曲がることということになるのではないかと思います。


このことを実現するためには、様々な要素が関係してくるため、単純ではないし、その分難しい、と私は思います。


しかし、このことを実現すべく、次のラリーまで修行を積みたいと思います。







ところで、このブログにも何度も登場する、後輩の魚民君が、またクラッシュしてしまいました。


今度は最近乗り換えたEP82スターレットを当ててしまい、少々凹み気味のようです。


uotaniep

埼玉から自走で運んできて、ガレージに着いたときの様子です


実は、彼はいままで殆どずっとナックル(タイヤの付くハブを支え、ダンパーやアーム類を介してボディに付く部品)ばかり壊してきましたが、今回もナックルに相当する部分を壊してしまいました。


ということで、野球界の「ナックル姫」にあやかって、今度から彼を「ナックル王子」と呼びたいと思います(笑)。

テーマ : モータースポーツ - ジャンル : 車・バイク

KYOTO南丹ラリー インカー動画

こんにちは。


今日は、前回予定していた、南丹ラリーの反省・分析ではなく、アップロードが完了したインカー映像を公開したいと思います。

アップロードをやってくれたI黒君には感謝します。


しかし、安物カメラで撮影したためか、またはカメラの設置法に問題があるのか、随分ノイズが多く見苦しい動画になってしまいました。

カメラアングルや設置位置なども、今後、要検討ということになりそうです。



とりあえず、こちらにはSS2とSS3を上げておこうかと思います。

SS2 Amawaka East



SS3 Tatsunori Pass



SS3の方は、途中から音がずれている気がしますね・・・。



ご存じかと思いますが、動画の枠内をクリックすることで、YoutubeのHPに飛ぶことができます。

そこで、タイトルの下にある投稿者名をクリックすると私が上げた動画の一覧が現れますので、そこから他のSSも見ていただくことが可能です。

ただし、残念ながら最終SSは都合により動画はございません。ご了承下さい。

テーマ : モータースポーツ - ジャンル : 車・バイク

KYOTO南丹ラリー2010 4位完走

こんにちは。

タイトルの通り、先週の南丹ラリーでは、4位入賞ということになりました。


ナビのみぁーた君や、オサム社長とオガワさんをはじめ、サービスに来ていただいた皆様など、ご協力頂いた皆様
ありがとうございました。



さて、順位としては、前回のANDラリーと同じということにはなりますが、内容は少し違ったものになったのではないかと思います。


そこで、今日は、今回のラリーを時系列で見ていきたいと思います。




まず、ラリーの話に行く前に、そうクラッチの話です。

水曜にミッションを下ろしたわけですが、その次の日の木曜には、チーム神代のHikaruさんにオサムファクトリーまで連れて行ってもらい、クラッチを受け取って来ました。

Hikaruさん、わざわざありがとうございました!Hikaruさんが、私の下宿のトイレのスイッチを破壊したことは、壊れて水が止まらなくなったトイレに流しておきます(笑)。


そしてそこから、ミッション載せが始まりました。

ミッション載せの様子についてはまた後ほど、記事を書こうと思います。


ところで、今回は、最近車を壊してしまい傷心の後輩、かぼす君に手伝ってもらうことができました。お陰様で、30分くらいでミッションが載りました。

この所要時間は私としては短い部類に入ります。

かぼす君ありがとう!

なんでもいい(なんでも一緒や)から車買ってまた走りに行きましょう。




さて、金曜日にタイヤを嵌め換え、エンジンオイル交換などの最終整備をしたうえで、土曜日にはレッキ(下見走行)が行われました。ここからがラリーイベントです。


土曜の天気は晴れで、かなり暑かったです。

レッキをして、意外と今は路面が乾いているなという感想を持ちました。このまま晴れてくれれば、走りやすいのですが、、、予報では、日曜は午前が晴れ、午後が雨とのことでした・・・。

また、この日には、レッキの他に車検や競技参加者ミーティングなども行われました。


NANTANTOF
オサムファクトリーからの出場車の様子です。写真のメンツの他に、ホスト佐藤さんも出場されています。



さて、翌日の日曜日、8時にラリーはスタートしました。

ちなみに私は少し寝坊したせいで、「SS0」を勝手に開催してしましました。問題なく、会場に着けてよかったです。


さてまず、SS1です。

SS1池ヶ谷は今までの(舗装の)ラリーで使われたことがない道ということになります。

ここはそれなりだったかなという手ごたえでした。早朝かもしくは深夜に降ったと思われる雨のため、少々濡れていましたが、そこまで滑るわけでもなく、普通に走ることができました。

さて、フィニッシュし、自分のタイムを知ります。
普段ならこの後、他の選手のタイムを聞くことろですが、今回はナビのみぁーた君の発案で、他のタイムは一切聞かないことにして自分の走りをすることに専念しました。

これは、他人のタイムを気にしすぎて焦ってしまい、その結果後半になるにつれ遅くなっていっているのではないかという仮説から導きだした対策です。


さて、次のSS2も同じような手ごたえでした。

その次のSS3は雨が降らなくても路面μが低いことで有名なTATSUNORI PASS(原峠)です。

距離が長いだけでなく、軽量なエボⅡにとっては、本来は稼ぎどころな筈です。

それなりに頑張り、何度か危ない場面にも出くわしつつ走りきることが出来ました。



次のSS4(SS1再走)は少し攻めきれず、ドライビングミスで挙動を乱す場面が沢山ありました。しかし、むしろ問題はSS5でした。

SS5(SS2再走)は、比較的得意な広く路面もスムーズな道なので、思い切って走りました。

そして、フィニッシュ。タイムは・・・なんとSS2より約2秒も遅くなっています。

これにはショックを受けました。

その原因を分析しきれず、悪い流れを受けたまま、SS6・7と走ってしまった気がします。



そして最終SS8(SS6再走)。ここでは、絶対に1本目のタイムを下回ることのないようにしようと気迫十分でスタートしました。

なかなかうまく走れていて、直感的に「これは速いな!」と感じつつのアタックでした。

そしてSSも終盤の、とあるコーナーでオフィシャルの方々が三角停止板を出していました。

私はそれを確認しつつも「三停板ということは、あぁリタイヤ車がいるが、通過は出来るんだな」と思い、次のブラインドコーナーを回ったら、なんとそこには前走者(エボⅨ)やその更に前ゼッケンの選手の方々がいて、危うく人を轢くか、土壁や車に当たって大惨事になるところでした。

何度もロックとロック解除を繰り返しつつ、難を逃れることが出来たのは幸いでした。


なお、クラッシュされたH口さんはベテラン選手ですが、私のような若造とも随分、仲良くして頂きました。そのような態度が、地区戦に出始めて日が浅く、知り合いの少ない私には大変ありがたい限りでした。

クラッシュは非常に残念ですが、是非早いうちに復活し、また一緒に走らせて頂きたいなと私は思っております。



さてこのようにラリーを走りきった結果、冒頭にもあるように4位入賞ということになりました。

NANTAN
パルクフェルメでのDE4クラスの写真です。


さて次回は、このラリーを私なりに分析したいと思います。

テーマ : モータースポーツ - ジャンル : 車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。